月例フットパス

      =ふらっと南幌フットパスのテーマ=

    けん騒から離れて、「環境や歴史」を考え歩きながら、
         北海道の「農と食」に触れるひと時を共有する。
           〜すぐ傍にある田園都市を歩いて〜

      月例はコースを微妙に変えています。見て欲しい風景や花々など、その季節で違うから・・・。
     過去ログ(H20.6〜H21.12)        
     過去ログ(H22.1〜H22.12) 
23.10.16 新夕張川・大豆刈り体験フットパスコース5` (集合はビューロー)
出発の時は雨が降っていましたが、間もなく晴れて、無事、今回の目玉企画「大豆刈り」体験が出来ました。雨の天気予報にも関わらず、お集まり頂いた皆様の心がけが良かったようです!

ご参加の皆様の笑顔が収穫の喜びを物語っています。
農家の方の事前指導の後、一斉に刈り取り作業。みなさん集中して熱心に作業に専念!
              
美しい大豆の粒。乾燥した後、後日、地元農家さんの御指導による「お味噌づくり」や「豆腐づくり」の企画が準備されています。

23.9.18 収穫祭フットパス in風蔵 (北海幹線〜風蔵)7` (集合はビューロー)
23.8.21 幌向運河歴史コース。13` (集合はビューロー)
23.7.17 川下りフットパス  運河と田んぼのあぜ道フットパス。2.5`
第11回イカダ下りを兼ねて行われた月例フットパスです。

25名の参加者たちで楽しいひと時を過ごしました。
雨が降り続いたことで運河の水かさが増して運河まつりの企画はできませんでしたが、何とか船は出したいとの思いから、2隻の船をつなげて挑戦しました。
さて、ビューローを出発した一行は、市街地を歩きながら運河下りスタート地点を目指します。
続々と集まる参加者たちと見学者で賑わいます。
船外機を付けたボートで、もう1隻を引っ張るんだ!と船長高橋くん・・・。
うまくいくのだろうか?。
わはは〜!
いきなりのピーンチ。
みんなやば〜いと思っているのか? かえって楽しんでいるのか?

結局、途中ではずして船外エンジンと手漕ぎで楽しみました。

は〜い!
いってらっしゃい〜。

昼食会場の風蔵さん目指してフットパスメンバーのスタートです。
昼食会場では、恒例の=幌向運河物語=紙芝居のはじまりはじまり〜。
お待ちかね、潤屋の南幌ジンギスカン食べ放題!


ピュアホワイト(とうきび)、風蔵米ごはん、採れたて野菜、採れたて椎茸などなど。

来年また、会いましょう!

23.6.19 三重湖・新夕張川と有機農家巡りコース
天候に恵まれ、26名の方々が参加されました。常連のリピーターの方々とともに、新たな参加者の広がりが感じられ、嬉しい限りです。

水が張られた美しい田んぼの際を歩く。
               空の広がりが嬉しい
キツツキの巣が見えますか?
               ひな鳥たちのさえずりが聞こえました。
               無事な巣立ちを祈るばかりです。
防風林の中の美しい蘭の花盛り。

22.5.15 りんごの花と農村風景コース(マオイ丘陵〜幌向原野〜ビューロー)13.5` (集合はビューロー)
準備中
22.4.17 しらかんばコース。(樹液採取を楽しむコース) (集合はビューロー)
準備中
22.3.20 三重湖〜新夕張川かんじきコース 2キロ (集合はビューロー)
準備中
22.2.20 風蔵夕張太かんじきコース 2キロ (集合はビューロー)
準備中
23.1.16 南幌温泉かんじきコース 2キロ (集合はビューロー)
準備中