ナローボート (narrow boat)

幌向運河に英国文化のナローボートを走らせたい!

イカダ下り担当の高橋船長がつぶやいた。
  
  (みんなの目が輝いたのは言うまでもありません)

   いつの日か、南幌の文化になることを思いつつ、研究が始まりました。



ナローボート (narrow boat)
 産業革命(18世紀中)の頃、石炭や工業製品を運搬するために作られたナローボート。細長い船を両岸あるいは一方から人や馬に曳かせたという。戦後、これをレジャー用に転用しました。旅客用の細長い船(ナローボート)を運行し旅のツールとして多くの人々に愛されています。 
 船体の内部は寝泊まりできるベッドやキッチン、そしてトイレやバスルームを備えていますので、とても快適なスペースとなっています。ナローボートの進む速度は人の歩くスピードくらいで、風景を楽しみながら余暇をのんびりしたい方には最高の乗り物といえるでしょうね。イギリスでは、1週間で借りる「ウィークリー」と、3泊4日もしくは4泊5日しかないようですので、これでは日本人向きではありませんよね。千歳〜南幌ナローボート〜札幌・小樽、みたいな観光があったら・・・。高橋船長の夢は広がっています。



NPO法人ふらっと南幌